Wifiルーターはどこに設置するべき?

タブレットやスマートフォン、無線内蔵型のノートパソコン、ゲーム機など、無線を利用できるデバイスが増えたことによってWifiルーターを所有している家庭は増えています。



しかしWifiルーターは設置場所を間違えてしまうと、本来の力を発揮することができず、支払っている代金に見合った品質の通信ができなくなってしまいます。

Wifiルーターの設置場所で多いのが棚の中など見えない場所です。小さな機械ですし頻繁に動かすわけではありませんので、埃が被らないようにしまっておきたくなる人もいますが、その設置場所は間違いです。棚の中や3方向が囲まれている空間では電波が遮られて、十分に自宅の中で通信ができなくなってしまいます。
金属製の棚も電波を吸収するので、ラックを購入するときには注意しましょう。



同様に水槽の近くなど、水を扱う場所でも電波が水に吸収されやすくなるため、通信の品質が下がってしまいます。
もちろん電子レンジなど家電の近くもNGです。



最適な設置場所は床から1メートル程度の高さで住居の中心にある部屋です。

そうすることで家庭内の隅々まで通信をすることができるようになります。アンテナの向きを調整することで通信の品質が改善されることもありますし、1つのルーターでは電波が届かないような大きな家に住んでいる人は、中継器を設置することによって通信エリアを拡大してみましょう。


2階建て以上の戸建てに住んでいる人は、中継器を各階に設置することで、どの階でも繋がりやすくなります。